自分のペースで高収入が目指せる人材派遣会社に登録!

SITEMAP

紙を折る男性

人材派遣業の雇用形態とは

電話する女性

人材派遣業は、派遣会社と派遣先の企業の2つの会社が関係しています。なぜなら、派遣会社は雇用契約を結ぶ雇用主であり、派遣先の企業は派遣社員には勤務先となるからです。ちなみに、正社員や契約社員は働く企業と直接雇用契約を結びますが、派遣社員が直接雇用契約を結ぶことはありません。また、派遣会社は給料の支払いと福利厚生だけでなく、仕事や就業条件の紹介や派遣先企業との交渉により派遣社員を手助けすることになります。
その上、派遣社員のスキルアップ研修も行いますが、派遣会社が派遣社員の仕事を直接手伝うことはなく、間接的に手伝う形となっています。そして、派遣先企業は派遣社員に仕事の指示を行い、派遣会社にスタッフ登録した段階ではまだ雇用契約は結ばれていない状態になります。雇用契約は、派遣先企業が決定して仕事が始まる時点で結ばれ、派遣社員の派遣期間が終了したら契約も終了することになります。
ちなみに、人材派遣業には一般派遣と紹介予定派遣がありますが、派遣社員は一般派遣として扱われます。また、一般派遣である派遣社員は、勤務する人の希望と条件に合わせて仕事を選べるので、自由度が高い働き方とされています。人材派遣業の中でも派遣社員は、自分の希望している職種と条件を選べますが、派遣先の企業とは直接雇用契約を結ぶことはできません。

人材派遣業の種類について知ろう

人材派遣業は、派遣元事業主が雇用する労働者に派遣先の指揮命令を与えることによって、派遣先での労働に従事させることを指します。また、人材派遣業は必要な時に必要な人材を活用できるので、派遣社員として働く人は希望する期間と希望する職場で働くことが可能となっています。そして、派遣法により認めらている特殊な就業形態となる人材派遣業は、法律に基づいて許可なしで行うことができません。
ちなみに、人材派遣業には一般労働者派遣事業と、特定労働者派遣事業の2つの種類があります。登録型と臨時と日雇の労働者を派遣する派遣事業である一般労働者派遣事業を行うには、厚生労働大臣の許可が必須条件となります。そして、常時雇用される労働者を派遣の対象とする派遣事業である特定労働者派遣事業は、期間に関係なく雇用されている人を現します。
他にも、1年以上雇用されている者と採用されている時から1年を超えても雇用される見込みのある者も、特定労働者派遣事業の対象にとなります。また、特定労働者派遣事業行うには、厚生労働大臣への届出が必要となるので、一般労働者派遣事業と同じように厚生労働大臣の許可が必要になります。人材派遣業は一般労働者派遣事業と特定労働者派遣事業に分かれていますが、いずれも厚生労働大臣の許可無しでは行うことができません。

人材派遣業に登録することで高収入を狙える

他人に誇れるような仕事のスキルを有している人は、人材派遣業へ登録したほうが稼げる場合があります。正社員はもちろん、パートやアルバイトに比べれば雇用が不安定なのは否めません。いくら仕事のスキルを有していたとしても、それを求める会社がなければ働けないです。しかし、首尾よく派遣社員として活躍の場が与えられた場合は、高い賃金を期待することができます。
派遣社員は限定的に仕事をすることやスキルを有していることが評価される傾向にあるので、支給される賃金は決して安くありません。その分長く働けるかどうかわからない不安定さはありますが、賃金に関しては悪くないです。特に実用的なスキルを有している人は、派遣社員として稼げる可能性が高いです。たとえ1つの会社が終わっても、またすぐに次の会社から求められやすいです。
それなら人材派遣業で働く上でのウィークポイントである雇用の不安定さも解消されますし、しっかりとした収入を期待できます。正社員登用されるに越したことはないのかもしれないですが、必ずしもそれが正しい選択とは限らないです。高い賃金が支給されるなら人材派遣業の仕事で生計を立てる選択肢もありますので、賢く活用すれば高収入も十分可能です。


貝塚市で派遣会社が人気です!貝塚市派遣会社ならグッジョブプロにお任せしましょう!最近では派遣会社が主流となっている時代です!職種も豊富にそろえておりますので、あなたの働きたいお仕事を見つけるだけです!職種も様々ご用意しているグッジョブプロでは楽しく働くようにアドバイスもくれるのです!

ピックアップ

最新記事

リスト

2017年08月04日
人材派遣会社選びは重要ですを更新しました。
2017年08月04日
派遣の特徴とメリットを更新しました。
2017年08月04日
派遣業務で会社が行うべき事を更新しました。
2017年08月04日
人材派遣業で重要な契約の更新についてを更新しました。
TOP